閉じる

婦人科

スタッフ

役職 氏名 学会資格等
院長補佐
主任部長
地域周産期母子医療センター長
小林康祐 医学博士
日本産科婦人科学会専門医
日本周産期・新生児医学会暫定代表指導医
母体保護法指定医
周産期暫定指導医(母体・胎児)
周産期暫定指導医(新生児)
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
日本産婦人科医会・研修委員会委員
新生児蘇生法インストラクター
参与
医療安全管理推進室顧問
地域周産期母子医療センター参与
鈴木真 日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科学会指導医
母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会指導医(母体・胎児)
日本周産期・新生児医学会専門医(母体・胎児)
日本超音波医学会超音波指導医
日本超音波医学会超音波専門医
部長
地域周産期母子医療センター部長
大藏慶憲 医学博士
日本専門医機構認定産婦人科専門医
日本産科婦人科学会指導医
母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡)
日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医
日本女性医学学会女性ヘルスケア指導医
日本内視鏡外科学会技術認定取得者(産科婦人科)
医長
地域周産期母子医療センター医長
古賀千悠  
髙橋健太 日本産科婦人科学会専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
主任医員
地域周産期母子医療センター主任医員
三浦貴大 日本専門医機構認定産婦人科専門医
医員
地域周産期母子医療センター医員
森脇隆太  
小川美咲  
河野智考  
髙知佑輔  
織田愛実  
竹沢亜美  
市川瑛美  
ウメンジャ  
斉藤梨紗  

婦人科の特色

  • 当院は地域がん診療拠点病院に指定され、子宮がんや卵巣がんなどの悪性腫瘍の治療に力を入れています。
  • あわせて、子宮脱や更年期障害など日常の生活に支障をもたらす疾病にお困りの方、子宮筋腫、卵巣嚢腫など形の変化の問題、ホルモン異常、そのほかの出血、腹痛、月経異常、おりものの異常、かゆみなどいろいろな症状をお持ちの方に対応させていただいております。
  • 不妊症に悩まれている方はその原因を追究するとともに、妊娠に至れるように努力いたします。
  • 婦人科手術は年間に700件以上行っており、経験豊富です。
  • 診療にはクリニカルパスを導入し、より質の高い治療・看護を目指しています。

※クリニカルパスとは
病気の治療や検査に対し、標準化されたスケジュールを表にまとめたもので、1つの治療や検査ごとに1つずつ作られています。「スタッフ用」と「患者さん用」とが準備されており、患者さん用クリニカルパスには、皆さまが入院されてからの食事や処置、検査・治療、そのための準備、退院後の説明等が詳しく説明されています。

ロボット支援腹腔鏡下手術(ダヴィンチ手術)について

 千葉県東総地域の婦人科では初めてとなる内視鏡手術用支援機器da Vinciを使用したロボット手術(ロボット支援下単純子宮全摘出術)を、2019年5月より開始しました。適応は主に子宮筋腫・腺筋症といった良性子宮疾患で保険診療となっております。

 婦人科の子宮良性疾患に対する手術療法としては長らく開腹術が一般的でしたが、近年は低侵襲である腹腔鏡下手術が増加し、患者さんも低侵襲手術を希望する事が多くなっています。婦人科としては千葉県内で4施設目となるロボット手術導入の運びとなりました。ロボット手術はその高精細な3D術野の中で指先・手首の動きを寸分違いなく鉗子に伝える卓越した操作性、短いラーニングカーブ、術衣を着用しないで座って手術ができるための術者ストレス・疲労の軽減といった手術安全性に関する利点を有しており、より安全で低侵襲な手術療法の導入に貢献することが期待されます。