閉じる

病院沿革

1953年3月 千葉県旭市イ1326番地に国保旭中央病院、開院
病床数一般35床、結核78床、計113床。職員数45名(うち医師数8名)
内科・外科・小児科・産婦人科
公営企業法適用
1959年6月 総合病院の名称承認
1964年4月 千葉県初の高等看護学校併設
1965年9月 神経精神科開設(神経精神科病床140床 竣工 第2期工事)
1970年10月 脳神経外科開設 救急医療の充実を期す
1971年7月 養護老人ホーム(50名収容)併設
1973年7月 基幹病院 (新中央手術室、RI室、内視鏡室、病理検査室、地区がんセンター(48床、ICU 第4期工事)
1977年3月 産科診療施設および未熟児室を含む病棟(30床)、新人工透析室(15床)、CTスキャナ、新中央検査室 第5期工事)
1979年4月 救急医療センター・管理・研修棟(第7期工事)  公営企業法全部適用
1981年2月 臨床研修指定病院
1982年3月 神経精神科(新外来、新病棟、デイケアセンター、地域医療研修センター、脳卒中センター棟、特別養護老人ホーム(50人収容) 他 第9期工事)
看護専門学校3年制
1984年1月 救命救急センター指定
1985年3月 救命救急センター、新生児医療センター、健康管理センター(人間ドック)、コンピュータ室 第10期工事)
1986年11月 自治体立病院優良病院表彰 ・全国自治体病院開設者協議会長 ・全国自治体病院協議会長
1987年5月 自治体立病院優良病院表彰 ・自治大臣
1989年1月 老健施設介護老人保健施設併設
1991年9月 2号館(総合受付、薬局、内科外来・病棟、小児科病棟 第12期工事) 
1993年11月 既存外来棟・病棟大改修(第13期工事)
1995年3月 看護専門学校棟新築 エイズ治療拠点病院指定
1996年8月 救命救急センター棟・脳卒中センター棟増築(第14期工事) 災害拠点病院(基幹災害医療センター)指定
1996年10月 老人保健施設併設ケアハウス
1996年11月 救命救急センター増築
1997年4月 地域周産期母子医療センター指定
1999年4月 第二種感染症指定医療機関指定
1999年5月 1号館(1~4階外来棟、5~7階病棟、屋上庭園)完成(第15期工事) 緩和ケア病棟(20床)受理
1999年11月 基幹災害医療研修センター完成
2002年3月 飯岡診療所移転新築
2003年12月 地域がん診療拠点病院指定
2004年10月 PET画像診断センター棟 完成
2006年4月 再整備事業を開始
2007年4月 DMAT指定医療機関に指定
2008年2月 地域がん診療連携拠点病院指定
2009年10月 旭こころとくらしのケアセンター開設
2009年12月 放射線治療棟完成
2010年11月 ぴあハウス開設
2011年3月 地上12階建ての免震構造による新本館完成
2011年4月 地域医療再生計画に基づき、地域医療支援センター開設
一般病床33床増床 計989床
2012年 4月 こころの医療センター開設
2012年 5月 自治体立優良病院総務大臣表彰
2016年 4月 地方独立行政法人移行
2017年 3月 地域医療支援病院承認