ご挨拶

旭中央病院附属看護専門学校長 伊良部 徳次

 当校は旭中央病院附属看護専門学校として1964年に開校して以来、日進月歩の看護学に裏打ちされた知識・技術とともに患者さんの心に寄り添う看護を実践する多くの看護師を育ててきました。
 当校の看護理念に共鳴して全国各地から高い志を持った学生が多数入学し、卒業後は旭中央病院で看護師のプロフェッショナルとしてさらに磨きをかけて成長し、当地域であるいは日本全国で活躍しています。「旭で学び、旭で研鑽を積んだ看護師」ブランドは全国の有名病院で大いなる信頼を勝ち得ています。

当校の特徴
 講師陣の多くは旭中央病院のスタッフであり、皆で立派な看護師を育てようという熱い心で燃えています。学校と病院が一体となって「いい看護師を育てる」という心意気が高いので看護師国家試験の合格率は誇り高いものです。
また青春真っ只中の学生時代を大いに楽しめるのも当校の誇りです。千葉県下看護学生体育大会では学生一丸となって競技に熱中して全校一体感で盛り上がります。学校祭は地域の人々とふれ合う機会になります。子供からお年寄りまで沢山の方が学生との交流を楽しみます。
 そして何よりも大事なことですが、様々な奨学制度を取り入れて経済的な負担を可能な限り軽減し安心して学業に取り組める環境を整えています。
 教員の面倒見の良さと熱のこもった講義は学生諸君を感動の知の世界に導くことでしょう。そして実習では病院スタッフが温かく迎え入れ将来の看護スタッフとして学校で学んだ知識を実践出来るようサポートします。「この学校を選んで良かった」、卒業時に学生、父兄の皆様から頂く感謝の言葉が私達をさらに奮い立たせます。
 感動の学生時代をこの旭で過ごすことは皆さんの一生の宝になるはずです。当校における3年間を是非楽しんで下さい。応援します。

地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院 旭中央病院附属看護専門学校
0479-63-8111
受付時間 8:30~17:00 休み(土、日、祝)
〒289-2511 千葉県旭市イの1182番地

お問い合せフォーム


附属看護専門学校メニュー

入試案内はこちらから


制作・著作

©2009 Asahi Hospital. All Rights Reserved. WebSitePlan Produced by bit SEODESIGN