閉じる

地域リハビリテーション広域支援センター

地域リハビリテーションとは

「障害のある子供や成人・高齢者とその家族が、住み慣れたところで、一生安全に、その人らしくいきいきとした生活ができるよう、保健・医療・福祉・介護及び地域住民を含め生活にかかわるあらゆる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力し合って行う活動のすべて。」(日本リハビリテーション病院・施設協会による定義、2016年)

地域リハビリテーション広域支援センターとは

香取・海匝地域リハビリテーション広域支援センターは、リハビリテーションを必要とする住民が適時適切なサービスを受けられるようにとの目的から設立されました。そのため香取・海匝地域におけるリハビリテーション従事者に対して各種相談・研修・指導などを実施し、香取・海匝地域全体のリハビリテー ションの知識・技術の向上を図るとともに、病院や老人保健施設、老人福祉施設、在宅の高齢者を支援する介護保険事業所などが、連携して適切なリハビリテー ションが提供できるよう、各実施施設の関係スタッフを支援します。

香取・海匝地域においては総合病院国保旭中央病院が平成14年より千葉県からの指定を受け、千葉県地域リハビリテーション支援センターの協力を得ながら、地域リハビリテーション活動を推進、支援しています。

推進体制

地域リハビリテーション支援体制