閉じる

周産期医療センター

基本理念質の高い医療を提供し、
安全で快適な
妊娠・出産・育児を
支援します。

周産期医療とは

周産期とは、妊娠後期(妊娠22週以降)から新生児早期(生後7日未満)までの赤ちゃんの出生前後の時期を指し、この時期の母体、胎児、新生児を総合的に診療し、母児双方の健康を守る医療です。

周産期医療センターとは、母体、胎児、新生児の異常に対して、産科、新生児科、小児科、その他関連診療各科の医師・スタッフが緊密な連携をとることにより、高度専門医療・救急医療を提供する機関です。

安全で快適な妊娠・出産・育児をめざしています

合併症妊娠やリスクの高い妊娠に対する医療、及び高度な治療を行う「地域周産期医療センター」として、位置づけられ、日々役割を果たしています。産科とNICUと連携しながら、頑張っています!

NICUとの連携

同フロアーにNICU/GCUを併設しています。

NICUを退院後は、小児科外来ないしは、同フロアー内にある発達外来でフォローしていきます。