閉じる

入退院センター・周術期センター

入退院センター

入退院センターでは、安心して入院していただけるよう入院のご案内をいたします。

入院が決定した日には、入退院センターにお越しいただきます。
入院に必要な書類の書き方、入院までの準備や入院中の生活、退院後の生活に関すること等についてご説明いたします。
入院に対する不安や疑問点がございましたらご遠慮なくお尋ねください。

入院が決定した日のご案内(入院予約日)
  • 入院に必要な書類の説明と記入方法
  • 入院生活に必要なこと
  • 入院費用と支払いについての説明
入院当日
入退院センターにお越し下さい。
入院書類をお預りし病棟をご案内します。

面会時間:11:00~20:00

周術期センター

「周術期(しゅうじゅつき)」とは…

「周術期(しゅうじゅつき)」とは、手術決定・術前外来・入院・麻酔・手術・回復といった、術中だけでなく、前後の期間を含めた一連の期間を表します。
「周術期センター」では、この一連の期間において、関係する医療者が連携し、術前管理を実践出来る様サポートしています。

「周術期センター」の役割

当センターでは、入院前から速やかに系統的かつ効率的な術前管理を実践する事で、「患者さんに安心して手術を受けていただき、かつ安全な手術が行われること」を目標に様々な職種の方と協力し、質の高い周術期管理を目指しております。また、患者さん自身が術後の元気な姿を思い描き、実現できるよう患者さんと共に心と体の準備を行っています。

センターでは患者さんを中心に、周術期に関係する医療者が連携・協力して、手術の準備を整えるところです。
センター受診時には、看護師による面談、術前リハビリや禁煙指導、口腔ケアや栄養管理、休止薬の管理や社会的・経済的不安の相談等、様々な介入が行われます。
手術日までの期間を有効に活用し、手術に向けて十分な準備を整えられる様、患者さんと一緒に周術期センターで準備を整えます。
また、患者さんに安心して手術を受けていただき、安全な手術が実施されることを支援することが周術期センターの役割です。

※現在、周術期センターでは、外科の一部の症例を対象に介入を行っています。将来的には対象科を拡大していく予定です。

PDFファイルの閲覧・印刷には、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。

Adobe Reader