患者様へ

ソーシャルワーカー(社会福祉士)による相談業務   かかりつけ医を持ちましょう
FAQ~よくある質問~

ソーシャルワーカー(社会福祉士)よる相談業務

病気によって生じる経済的・心理的・社会的問題のご相談を、ソーシャルワーカー(社会福祉士)がお受けしています。

1.医療福祉並びに社会保障制度に関する相談業務

 「急な入院のため入院費の支払いに困っている」
 「長期的な治療が必要なので、何か利用できる制度はないか」
 福祉制度・医療保険・労災保険などの制度の説明を行い、利用に向けて支援します。

2.退院後のご相談

 「自宅での療養を続けたいが、家族だけで介護できるか不安だ」
 「他の病院や施設などの療養先を探しているが、どうしたらよいか」
 自宅での療養を希望される方に、介護保険制度や障害者福祉サービス等のご紹介を行い、退院後も自宅で安心して暮らせるように調整いたします。
 また、施設入所や転院を希望される方に、施設や病院をご紹介し、連絡調整をいたします。

3.療養中の心理的・社会的問題のご相談

 「どこに相談したらいいのかわからない」
 「生活上の不安があり、心配で治療に専念できない」
 「療養にあたり、家庭・復学・復職について心配がある」

このような療養上の心配事や不安に対して、まずお話を伺い、問題点を一緒に整理します。院内スタッフ、関係機関等と連携し、解決へのお手伝いをいたします。

他にも児童虐待・ドメスティックバイオレンス(DV)・高齢者虐待などの家族関係に関するご相談もお受けしております。
また、難病相談支援センター・がん相談支援センターの相談窓口としてもご相談をお受けしています。

ご利用可能な方 当院受診中、または受診予定の方、上記の方々の関係者
場所 2号館1階
相談対応時間 土日、年末年始、国民の祝日を除く月曜日から金曜日の午前8:30~午後5:15
ご利用方法 直接窓口においで頂くか、下記までご連絡ください。
(お待ち頂く場合がありますので、事前にご予約されることをお勧めいたします。)
連絡先 0479-63-8111(病院代表)
内線:2150・2151
その他 秘密は厳守します。

トップへ戻る


かかりつけ医を持ちましょう

ひとことで「病院」といっても、その専門性や役割、機能はさまざまです。それぞれの医療機関の特徴を生かして役割分担することにより、患者さんの状態に最も適した医療を提供することができます。これを「医療連携」と呼びます。当院は主に救急医療(急性期医療)を受け持っており、精密検査や専門的な治療を提供します。一方、日常的な診療や健康管理上のアドバイスをくださる地域のお医者さんを「かかりつけ医」と言います。かかりつけ医の先生方は、地域の事情や患者さんのご家族の状況などを把握し、病気の予防・早期発見をしてくださいます。
当院を受診される場合には、かかりつけ医の先生の診断を受け、病状についての当院への紹介状(診療情報提供書)をお持ち頂くと、より適切な検査や治療が受けやすくなります。また、当院での急性期の治療が一段落した患者さんには、当院からかかりつけ医の先生に治療経過がわかる紹介状(診療情報提供書)をお渡し、経過を見ていただくことをお勧めしています。

トップへ戻る



FAQ~よくある質問~

Q1.~~科の受診が可能か教えてください。

A
こちらをご確認ください。

Q2.~~科受診中です。再診日を忘れてしまいました。

A
TEL:0479-63-8111(代表)に連絡し、診療科を指定し対応診療科スタッフにご相談ください。
午前中は電話が混雑しておりますので、15時過ぎにお掛けください。

Q3.紹介先医療機関に事前に受診確認の連絡をしたところ、旭中央病院から連絡をして欲しいと言われました。

A
医療連携福祉相談室までご連絡ください。スタッフから紹介先医療機関へ連絡させていただきます。お電話いただいた際に、何点か質問をさせて頂く場合がありますので、お時間に余裕のあるときにご連絡ください。

Q4.旭中央病院に通院中ですが、他の病院に受診したところ、紹介状が必要だといわれました。

A
旭中央病院に受診した際、担当医に紹介状が欲しい旨をお伝え下さい。
お急ぎの場合は、受診中の医療機関のスタッフにご相談ください。
患者様ご自身からのご連絡には対応致しかねます。

Q5.旭中央病院から紹介された医療機関に受診したところ、検査データ(CT・MRIなど)や処方箋を持ってくるように言われました。

A
紹介先の医療機関スタッフ(相談室や連携室)に事情を説明し、旭中央病院 医療連携福祉相談室へ連絡をしていただいてください。患者様ご自身からのご連絡には対応致しかねます。

Q6.医師から転院との話がありました。医療機関をどうやって探せばよいですか。

A
転院される患者様には、患者様の状態に適した機能を持つ医療機関をご紹介し、連絡調整を行います。外来通院を近くの医療機関に変更したいというご希望に対して、診療所・クリニックのご紹介もいたします。
外来受診の患者様:外来スタッフにご相談ください。
入院中の患者様:病棟スタッフにご相談ください。
必要に応じ医療連携福祉相談室スタッフが、対応させていただきます。

Q7.旭中央病院でセカンドオピニオンを受けたいと思います。受診方法を教えてください。

A
こちらをご確認ください。
ご不明な点などありましたら医療連携福祉相談室・医療連携係までお気軽にご連絡ください。

Q8.旭中央病院以外の病院に、セカンドオピニオンを受けたいと思います。 どのようにしたらよいでしょうか。

A
ご自身の担当医までセカンドオピニオン希望とお伝え下さい。
お電話いただいた際に、何点か質問をさせて頂く場合がありますので、お時間に余裕のあるときにご連絡ください。紹介状や検査データをお持ちでないと、受診が出来ない場合があります。


トップへ戻る