1. ホーム
  2. 認知症疾患医療センター

香取海匝地域認知症疾患医療センター

センター長ご挨拶

 10月1日付けで当院が認知症疾患医療センター(香取海匝地区)に指定されました。
 今年度中に千葉県各地域に10カ所指定される予定です。
 その役割は、@認知症に関する専門医療相談 A疾患の原因特定と初期対応 B身体合併症、周辺症状の診断治療 C医療福祉スタッフへの研修です。これらは当院では、すでに実施してきたことです。
 認知症、2025年には約700万人がなる病気とも言われています。そこで発想を変え、「認知症という障害」を持って生きていくと考えてください。そのような障害があっても、できるだけ慣れ親しんだ自宅で長く生活できるように各専門職種、地域でサポートする、そのお手伝いをするのがセンターの役割だと思います。
 認知症で困った際には、かかりつけの先生、ケアマネージャーを介し、センターが相談窓口になります。 当院各部署、および周辺医療機関、福祉/介護施設、行政と協力してその役割を果たせるよう努力してまいります。

認知症疾患医療センター長 持田 英俊
 2015年10月

受診のご案内

 受診手順はこれまでと同様です。紹介状に診療科の記載があれば、当該科で診察します。記載のない場合は、従来通り、総合受付およびインフォメーションで相談をお受けした上で、受診科を調整いたします。
※紹介状は「認知症疾患医療センター」宛ではなく、「診療科名」の記載をお願いしてください。

・診断と初期対応、身体合併症への対応を終えた患者様は、かかりつけ医の先生をご紹介し、患者様を地域全体で支えられるよう努めます。
・認知症による日常生活に関する相談・介護保険等の制度紹介などは医療連携福祉相談室(2号館1階)でお受けします。神経精神科受診中の患者様の場合には、精神保健福祉士(神経精神科内)が相談をお受けします。

  • 脳神経外科(原則紹介状を持参してください)
  • 神経精神科(紹介状が必要です。また受診には事前予約が必要です)
  • 神経内科 (紹介状が必要です。また受診には事前予約が必要です)

認知症疾患医療センターの活動内容

 「認知症疾患医療センター」の活動内容を報告しています。