1. ホーム
  2. 認知症疾患医療センター

香取海匝地域認知症疾患医療センター

センター長ご挨拶

 当院は千葉県認知症疾患医療センター(香取海匝地区)に指定されております。現在、千葉県内すべての二次医療圏にセンターが配置され、以下のような役割を果たしております。
@認知症に関する専門医療相談
A疾患の原因特定と初期対応
B身体合併症,周辺症状の診断治療
C医療福祉スタッフへの研修
 ところで、認知症の原因の2/3はアルツハイマー型認知症です。この病気、ご存じのように現在の医学では治すことはできません。だんだんに物忘れが進行し、高次機能(理解・判断力、実行能力)が徐々に低下します。今まで普通にできていたことができなくなり、ひいては生活に支障が出ます。つまり、医療だけでは解決できない病気なのです。
 認知症による生活障害があっても、できるだけ自宅で長く生活できるように各職種、地域でサポートする、そのお手伝いをするのがセンターの役割だと思います。
 認知症で困った際には、かかりつけの先生、市町村の地域包括支援センターを介し、センター相談窓口にご連絡ください。もちろん、直接相談されても結構です。
 今後とも、当院の各部署、および周辺医療機関福祉施設、介護/福祉施設、行政と協力してセンターとしての役割を果たしていきたいと思います。

認知症疾患医療センター長 持田 英俊
 2018年1月

受診のご案内

 受診手順はこれまでと同様です。紹介状に診療科の記載があれば、当該科で診察します。記載のない場合は、従来通り、総合受付およびインフォメーションで相談をお受けした上で、受診科を調整いたします。
※紹介状は「認知症疾患医療センター」宛ではなく、「診療科名」の記載をお願いしてください。
・診断と初期対応、身体合併症への対応を終えた患者さんは、かかりつけ医の先生をご紹介し、患者さんを地域全体で支えられるよう努めます。

  • 脳神経外科(原則紹介状を持参してください)
  • 神経精神科(紹介状が必要です。また受診には事前予約が必要です)
  • 神経内科 (紹介状が必要です。また受診には事前予約が必要です)

認知症に関するご相談

  • 認知症による日常生活に関する相談・介護保険等の制度紹介などは医療連携福祉相談室
    (2号館1階)でお受けします。
  • 神経精神科に関することについては、神経精神科外来にお問い合わせください。

認知症疾患医療センターの活動内容

 「認知症疾患医療センター」の活動内容はこちらよりご覧ください。