ケアハウス 施設紹介

ケアハウスの目的

超高齢化社会の到来を迎え、益々増大する高齢者の二一ズに対応した各種の福祉施策の展開が求められており、厚生省は平成元年に高齢者保健福祉推進十カ年戦略(ゴールドプラン)の一つとして、高齢者のケアに配慮した在宅福祉サービスを活用しながら、住み慣れた地域でできる限り自立した生活が送れることを目的とした新たな軽費老人ホームとして「ケアハウス」が創設されました。

運営方針

  • 個人の自立性を尊重し、快適な住宅機能や食事の提供、入浴のサービス、各種の生活相談に応じます。
  • 体調を崩し、一部介護を必要とした時は各種介護保険サービスが受けられるようにいたします。状態によっては老人保健施設に入所もできます。
  • 病気で治療を必要とする場合は、速やかに旭中央病院に入院できますので安心した生活が送れます。

施設概要

設置主体 旭市
施設名 ケアハウス東総園
定員 40名
所在地 千葉県旭市イの1307番地
職員 施設長1、生活相談員1、介護員2、調理員2、事務1

建物の構造及び面積

構造
鉄筋コンクリート造り3階建
広さ
建物面積2,216.63m2
居室
全洋室1人部屋
1階(11室)
2階(15室)
3階(14室)

設備

  • 共同部分 1階エレベーター・配膳室・食堂・事務室・リネン・機材室・男子、女子トイレ
  • 1、2、3階談話室・テレビ・洗濯室・私物庫
  • 2、3階浴室
  • 2階公衆電話
  • 3階サークル室
  • 他、冷蔵庫・ナースコール・放送設備・スプリンクラー・火災報知器・非常通報装置

居室

  • 冷暖房
  • ベッド
  • テーブル
  • 椅子2
  • 戸棚
  • 収納スペース
  • 洗面台
  • 洋式トイレ手摺
  • ナースコール
  • スプリンクラー
  • 火災報知器
  • テレビアンテナ
  • 電話各自設置可(配線済)
  • ミニキッチン
    (IH式電磁調理器付)