こころの医療センター

1.「こころの医療センター」開設にあたって

2.施設のご案内
 外来
 3病棟 : 4階(閉鎖病棟).5階(開放病棟)を合わせ持つ定床50床の精神科救急入院病棟
 リハビリテーション部門   地域生活支援室・臨床心理室
 コミュニティメンタルヘルスチーム (Community Mental Health Team)
  旭こころとくらしのケアセンター

3.「こころの医療センター」の特徴について

1.「こころの医療センター」開設にあたって

 当院の初代院長であった諸橋芳夫先生は、世界の有名病院を視察された結果、「総合病院には精神科が必要である」との結論に達し、『日本に生まれたる二重の不幸』を克服し、地域精神医療に寄与するため、1965年(昭和40年)に神経精神科を併設しました。
 その志を受け継ぎ、医師、看護師を始め精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士等のコメディカルスタッフや施設の拡充を図り、最大時には5病棟、250床にデイケアセンター、OTセンター、救急を併設した、日本有数規模の神経精神科に発展いたしました。
 2002年からは、地域精神医療のさらなる向上をめざし、精神医療改革のためのプロジェクトを多職種で定期的に開催し、国内外の先進医療地域、施設の視察研修等の活動をしてまいりました。それらの活動や研修を通して得た学びをもとに地域移行、病棟のダウンサイジングを進め、2009年には、精神科訪問看護ステーション「旭こころとくらしのケアセンター」を開設し、アウトリーチの機能を向上させました。また、2010年には移行型グループホーム「ぴあハウス」を開設し、ハウジングサービスの提供を行いました。
 「こころの医療センター」は、現在まで培ってきた経験と知識を結集し、多くの方々の御支援、御協力により完成しました。日本の地域精神医療の一端を担うべく努力精進して参る所存です。

トップへ戻る

2.施設のご案内

外来

 当院神経精神科外来(児童精神外来含む)では、病棟、「旭こころとくらしのケアセンター」、そして地域の方々とも連携して、一貫したこころの医療の中核となるべく努めております。
外来には一般7室、児童2室の診察室に加え、処置室2室、救急用診察室兼処置室、プレイルーム2室、7つの相談室を設置しました。相談室の数を増やすことで、多職種による地域生活支援を行ないやすいように配慮したものです。
待合室は一般待合、児童待合、会計待合の3つに分けられ、それぞれに血圧計とパンフレットを設置しました。
待合室の奥には第2受付を設け、看護師が患者さんの相談を受けたり、患者さんの状態の確認を行っています。今回児童精神外来を分科し、独立した診察室、待合、プレイルーム等を設けて児童の患者さんが受診しやすいよう配慮しました。受付前の喫茶ラウンジは、作業療法、デイケアの患者さんの治療の一環として運営されています。

   
外来受付              喫茶ラウンジ

  
一般待合室             救急処置室

   
児童待合室             児童プレイルーム

 トップへ戻る

3病棟4階・5階(閉鎖病棟)を合わせ、定床50床の精神科救急入院

3病棟4階:急性期閉鎖病棟

 精神科急性期から回復期の入院を対象としており、個室24室、4床室4室になっています。3病棟5階と合わせて最大42名までの入院を引き受けています。
 回復期フロアーと急性期フロアーに分けられ、各フロアーにナースステーション、面談室、デイルーム、浴室を配置しています。各病室には、ロッカーの他、パイピング、ナースコール、洗面所、トイレを設置しました。
 急性期フロアーは、個室と保護室の2つのエリアで構成されており、保護室エリアにもデイコーナーを配置しています。
 保護室エリアは、保護室10室(内PICU:身体合併症の治療を行える部屋 4室)、個室エリアは個室14室を配置しています。入院早期より多職種での入院時カンファレンスを行い、早期退院へ向け、一人ひとりの患者さんに合わせたサービスの提供に努めています。
 陽圧室を1室備えています。

  
白を基調とした明るい病棟   個室        ラウンジ

3病棟5階:一般・児童閉鎖病棟

一般向け病床では、症状安定後の急性期病棟からの退院促進目的での転入や、修正型電気けいれん療法目的、休息目的といった入院医療を提供しています。それぞれの患者さんに合わせ、コメディカルスタッフを中心に散歩や料理などのリハビリテーションを行っています。また、服薬管理や金銭管理等の生活訓練や、必要に応じてグループホームへの試泊支援等も行っています。
児童向け病床では、児童専用のデイルームと学習室、ユニットバス2室・シャワー室2室を備えており、児童の患者さんが治療を受けやすいよう配慮しています。また、児童を対象とした多職種でのグループミーティングを行っています。

 
児童学習室               学習机を備えた児童個室

  
   一般デイルーム

 トップへ戻る

リハビリテーション部門

 センター長を務める医師以外に、看護師・作業療法士・精神保健福祉士・臨床心理士・指導補助事務員などのコメディカルスタッフが配置され、多職種による多面的な支援、患者さんへのケアマネジメントを細やかに行っています。また、ご家族様や地域のサポーターとも密な連携をはかり、地域に根ざした生活を送りながら患者さんそれぞれの「希望する生活」により近づいていくことを目指しています。

入院リハビリテーション(OT:作業療法)

 入院早期から開始し、患者さんの希望や回復に合わせたリラクゼーション、スポーツ、パソコン、料理、心理教育などの活動を実施しています。グループ活動以外にも、患者さんのニーズに合わせた個別の対応をしています。また退院に向けて多職種でチームを組み、評価や検討をしながら外出練習や退院前訪問などを行い、早期退院につなげています。併せて、退院後の生活を考え、外来リハビリテーションへの移行を行っています。

外来リハビリテーション(デイケア・ショートケア)

 ライフステージ上の課題が分かれる40歳という年齢を区切りに2つのグループに分け、それぞれのグループで特徴、テーマに合わせたリハビリテーションプログラムを実施しています。

 特色的なリハビリテーションプログラムとして、就職や自立へのチャレンジをサポートする就労支援プログラム、心の病からの回復を考え、病気について学ぶ心理教育プログラム、認知行動療法プログラムなどがあります。また、それとは別に児童思春期の患者さんを対象としたグループワークを行い、幅広い年齢層に合わせたプログラムを実施しています。地域の基幹病院としての役割、時代と多様な患者さんのニーズに対応したプログラムを実施し、より多くの方々にご利用いただけるように取り組んでいます。

  
回復について学ぶ心理教育プログラム     就労に役立つパソコンもあり
                      利用することが出来る

  
ジュニアグループ・ルーム          就労支援プログラム(喫茶)

  

 トップへ戻る

地域生活支援室・臨床心理室

 地域生活支援室・臨床心理室には精神保健福祉士9名、臨床心理士6名がおります。

 精神保健福祉士は各種生活上の相談、利用できる制度や施設といった地域生活に役立つ情報の提供など、ご本人やご家族の支援を行っています。受診、入院、地域移行支援、地域連携と継続した関わりを多職種と協力しながら行ないます。

 臨床心理士はご本人やご家族の心理的な困難や問題への解決に向けた支援をしております。主な業務としては、子どもから大人までの幅広い年代を対象にしたカウンセリング、プレイセラピー、集団療法、心理査定です。科内の病棟、外来、リハビリテーション部門だけでなく、他科へのリエゾンチームや緩和ケアチームなどにも参加して、様々な領域で多職種と協力しながら臨床に携わっています。

 トップへ戻る

コミュニティーメンタルヘルスチーム(CMHT)

 精神障がいを持つ方の地域生活上の様々な課題やニーズに対応するため、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、ES(就業支援担当者)など多職種でチームを構成し、アウトリーチ(訪問)を行っています。

  また、退院の難しい方が地域での生活にスムーズに移行できるよう、集中的な退院支援も並行し行っています。

 「重い精神障害を抱える方であっても、住みなれた地域で安心して暮らし、その人が望む生活を実現する」という目標の下、ACTを目指し活動しています。

 トップへ戻る

ピアサポーター

 精神保健分野では、精神疾患を経験した当事者の支援者をピアサポーターと言い、当科でも2017年度から2名のピアサポーターが雇用されています。
 精神疾患の苦悩を経験し回復してきたピアサポーターはその人生経験をロールモデルとして提示することで患者さんの回復を支援し、より近い立場として相談に乗っています。

旭こころとくらしのケアセンター

 旭こころとくらしのケアセンター(以下AKKと略す)は、旭中央病院の救急・急性期医療の機能強化に向けて、2009年10月精神科特化型ステーションを飯岡診療所2階に開設して始まった施設です。AKKの特徴は、利用者が自分らしく希望に満ちた生活が送れるように地域の関係機関と連携して、医療・保健・福祉を含んだ包括的なサービスを継続的に提供することにあります。職員構成は、看護師7名・事務員2名です。キャッチメントエリアは半径30キロ圏内で、周囲の交通機関が乏しく、広範囲となっています。

 保険は医療保険のみで、自立支援医療利用者を対象としています。24時間連絡体制をとっており、「こころの医療センター」とはITでの情報共有ができるため、利用者に速やかに対応することが可能です。

 トップへ戻る

3.「こころの医療センター」の特徴について

  旭中央病院神経精神科は、1965年の開設以来、こころの病に苦しまれている患者さんのために最善の精神保健医療サービスを提供すべく努力してまいりました。2012年1月に開所した「こころの医療センター」は、当科でのこころの医療についての知識と経験を集積して完成したものです。
 当院「こころの医療センター」の第一の特徴は、児童精神の外来と入院ユニットを整備しており、こどもからお年寄りまでを一貫して診療できることです。こどものこころの医療に詳しいスタッフがチームで診療にあたっています。第二の特徴は、地域精神医療の中核として地域に開かれたセンターであることです。
 国内での精神保健医療機関との連携はもとより、先進的な地域精神医療で有名なカナダ・バンクーバー、イタリアやカンボジア等との国際精神保健協力も行なっています。第三の特徴は、救急からリハビリテーション、ハウジングサービス、地域生活支援、そして治療抵抗性の重症精神障がいについて一貫したこころの医療サービスを提供していることです。年間約650名の精神科救急患者さんの診察を行ない、アメニティーに十分配慮した精神科救急料病棟を完備しています。入院時から多職種によるチーム医療を行い、センター内のリハビリ施設と連携して、急性期からリハビリテーションまで一貫した治療を行なっています。また、精神科訪問看護ステーション「旭こころとくらしのケアセンター」を開設し、患者さんが安心して地域で生活が出来るようアウトリーチサービスも提供しています。治療抵抗性統合失調症に対する治療薬であるクロザピンも、内科等と密接に連携しながら安心して使用できる体制を整えております。このようなさまざまな取組みにより、平均在院日数は44.7日(2015年度)と、質の高い医療を提供しています。
 さて、精神医療は世界的にも重要性がますます増大し、我が国でも五疾病に加わりました。当院「こころの医療センター」では、精神保健医療に関する様々な情報の発信や患者さん参加型医療の実践を通して、こころの病に対する偏見や差別を打破するよう努めています。当センターを中核として、世界標準の精神医療を提供できるよう今後もスタッフ一丸となって努力することをお誓いして、「こころの医療センター」の紹介に代えさせていただきます。

総合病院国保旭中央病院 神経精神科 主任部長  青木 勉

 トップへ戻る