1. ホーム
  2. 行事のお知らせ・院内日誌
  3. 院内日誌
  4. 2013年7月21日 第1回「医師への夢応援セミナー・ASAHI」を開催しました

院内日誌

2013年7月21日 第1回「医師への夢応援セミナー・ASAHI」を開催しました

将来当地域に残って医療に従事する人材を育成することを目的に、医学部進学を検討している高校生に医師の仕事を体験してもらうプログラム、「医師への夢応援セミナー・ASAHI」を、7月21日(日)に開催しました。
第1回目となる今回は、近隣6つの高校から、32名の学生さんが参加しました。


当院病院長、教育委員長からの挨拶に続き、産婦人科主任部長から、医師の仕事全般についての説明や、医療はチームで行われていること、医師は臨床のみならず、研究や教育も行うことなどの話しがあったあと、下記の体験プログラムに取り組みました。 

参加した学生さんはどのプログラムにもとても熱心かつ積極的に取り組んでいました。終了後のアンケートでは、参加者のほとんどが「将来を考える上で役にたった」「将来医師になりたいという思いが強くなった」と回答しました。
是非夢をかなえて、将来は当地域の医療を、さらには日本の医療を支えてほしいと思います。

ドクターヘリ見学

ishi_heri_B.gif

 日本医科大学千葉北総病院からドクターヘリが飛来しました。同病院のフライトドクターとクルーの方が、ドクターヘリの役割や機能について説明して下さいました。 

手術室・血管撮影室見学

ishi_ope_B.gif

 外科ドクター、手術室担当看護師の案内のもと、血管撮影と手術を同時に行うことができる「ハイブリッド手術室」を見学し、実際に術衣を着てみました。その後、放射線技師が、血管撮影の機器で実際にどのような画像が見えるのか、レクチャーしました。

アセスメント体験

ishi_bai_B.gif

 循環器内科ドクターの指導のもと、診察の基本となる、血圧、脈拍、酸素飽和度などのバイタルサインを測定したり、アセスメントモデルを使用して病気の場合の心臓や肺の音などを聞いてみました。 

縫合体験

ishi_hou_B.gif
  産婦人科、外科のドクターの指導のもと、シュミレーターを使用して縫合の体験をしました。思うように針が動かなかったり、糸が結べなかったり、とても難しかったようですが、中には「明日から手術ができそうだね」と言われるほど器用な学生さんもいました。

超音波診察体験

ishi_tyou_B.gif

 消化器内科医師の指導で、超音波検査機器を使って、お腹の中がどう見えるかを体験しました。シュミレーターで練習したあと、実際に生徒同士で検査し合う場面もありました。 

質疑応答の様子

ishi_sithu_B.gif

 医師の仕事に大切なことは何か、医学部に入るために1日何時間ぐらい勉強したか、医師の生活はどのくらい忙しいのか、など沢山の質問があり、現役医師がそれぞれの質問に回答・アドバイスしました。

2013.07.23公開