TQMセンター

TQMセンターって何?

TQMとは

 TQMは英語の'total quality management'の略号で日本語では「総合的品質の管理・運営」と説明されます。もっとやさしく言うと「組織が全体としてもっとよくなるための努力を推進する部門」です。現在では医療だけでなく世界中の様々な組織・企業がこの考え方の基に運営されています。我々が目指すのは「よりよい病院」ですが、これには下のように様々な側面があります。

  • 臨床結果;正しい医療が安全・適切に提供される病院
  • 患者さんが満足し信頼してくださる病院
  • 職員が働きやすく働き甲斐のある病院
  • 医療面も経営面も安定して運営される病院
  • 医療を含めた地域の活性化を促せる病院

クリニカルパスの推進とクオリティマネジメント(TQMセンター長)

当院TQMセンターの活動

この目標を目指して当センターは以下の活動をしています。

A.医療の質指標の算出・分析
 医療の質指標(quality indicator;QI)は医療の内容・質を図る物差しです。当院では数多くの指標を算出していますが、今回のホームページからその中のいくつかを掲載し御紹介していくことにしました。
 医療の質を「より良く」していくためには、現在の状態を正しく測定し、あるべき目標との差を確認することが必要ですが、更に大事なことはそれを目標に近づけていく行動・努力を続けることです。そうすることで過去−現在−未来と継続性のある質向上を目指すことができます。

B.QC活動
 当院では2010年度から当センターが中心となってQC活動を運営・推進しています。QCは‘quality control’の略で(似たような言葉が多くて戸惑いますが)、つまりは「現場の人たちが、現場で困っている問題を、現場目線で解決していく」活動です。目指しているのは各職場での問題解決だけでなく、改善への道筋・考え方が身につき働き甲斐のある職場へ風土が変化していくことです。当院では年度初めに参加グループを公募し、各グループと当センターが一緒に活動の内容・工程を進めて年度末には全体の発表会も行っています(写真をご参照ください)。

C.院内横断活動の支援
  病院内には各科・各病棟の他にも横断的に活動している組織が多数あります。たとえば感染対策委員会、褥瘡対策委員会、栄養サポートチームなどです。それぞれの組織は職員が現場の仕事以外の時間に会議や活動をしています。病院にとってはとても大切な役割ですが業務量や各部署への浸透の難しさなど悩みも多いのが現状です。当センターは定期的に会合を開催して問題点共有、協力態勢構築、他部署合同活動の支援を図っています。また隔月で「横断活動ジャーナル」を発行して活動内容を院内に紹介しています。また今後は当院のクリニカルパスもホームページ上で公開する予定です。  

D.「病院の評価」を活かす活動
  これには二つの方向があります。一つは患者さん・職員が当院を評価する「満足度調査」です。2012年度から患者満足度調査を調査内容・運用の両面で全面的に見直して毎年実施し、直近の結果をホームページで公開しています。調査に留まらず、結果を各部署へフィードバックして問題点を検討し、次回調査で再評価する事により改善を継続的に行う事が当センターの役割です。
 もう一つは「第三者評価機構」による病院の評価・認定制度です。当院は2013年度「病院機能評価Ver.7」を受審し認定をいただきましたが、指摘された問題点を解決し継続的に質向上に取り組み「より良い」病院になるよう院内全体で推進していきます。

2016年度QC活動発表大会から