学習・実習について

基礎援助技術~採血演習~ (50回生)


 学生同士で静脈採血をして、その後、赤血球沈降速度という検査をしました。
 健康診断や献血などで「他人に針を刺される」経験は全員していますが
看護師としては必要不可欠な演習であっても「他人に針を刺す」という初めての
行為に、緊張しながら頑張りました!!
                                           (担当教員)

50saiketu1.JPG

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・採血演習を終えて(感想)

  実際の人の採血をするのはとても緊張しました。採血される側も緊張すると
 思うので、「恐い」など言ってしまたので反省しました。患者様に行う際には
 不安を与えないように声かけも意識したいと思います。
                                           (50回生)

  とても緊張しました。採血練習のモデル人形でやるよりも何倍も怖く、同時に
責任感を感じました。今よりもっと上手に出来るようになりたいです。
                                           (50回生)

  今回の演習で「看護師」という仕事に近付けたように思いました。1つ1つの
 過程を落ち着いて、配慮しながらやり無事に演習を終えることができて良かったです。
                                           (50回生)

・今回の演習での学び

  ・ためらって、ゆっくり刺すほど相手は痛い
  ・不安にさせないことが大切
  ・実際に人の血管に刺さる瞬間が分かった

  ・血管を選ぶ難しさが分かった
  ・採血する場所をよく確認する
  ・皮膚を引っ張らないようにする


50saiketu2.JPG

[ 2013年02月18日 UPDATE ]
地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院 旭中央病院附属看護専門学校
0479-63-8111
受付時間 8:30~17:00 休み(土、日、祝)
〒289-2511 千葉県旭市イの1182番地

お問い合せフォーム


附属看護専門学校メニュー

入試案内はこちらから


制作・著作

©2009 Asahi Hospital. All Rights Reserved. WebSitePlan Produced by bit SEODESIGN