1. ホーム
  2. 診療科および部署の紹介
  3. 診療科
  4. 救急救命科(当科の特色)

救急救命科(当科の特色)

特色

当院の救命救急センターは、千葉県東部地域(旭市、銚子市、香取市、香取郡、匝瑳市、横芝光町)唯一の救命救急センターです。診療圏人口は約30万人、地域内の医師減少に伴い、軽症から最重症まで全ての患者さんに必要な初期診療を提供しています。

また当地域の周辺の医師減少も著しく、山武地域、鹿島地域からも多数の患者さんが来院されています。

年間の受診者数は約6万人、救急車受け入れ件数は年間約6000件です。

当科は多数の患者さんが来院されるERの運営、初期診療とともに重症患者さんの入院治療を専門各科と協力して行っています。

業務内容

ER

軽症の一般時間外診療から救命救急まで、さまざまな患者さんの初期診療ならびに全身管理を若手医師や各科専門医とともに行います。

病棟業務

敗血症、呼吸不全などの内科系重症患者、多発外傷の全身管理、中毒などを救命救急センター病棟で行います。
入院中の患者の病状が悪化し集中治療が必要になった場合にも対応します。

メディカルコントロール

千葉県東部地域の救急隊の教育、電話による医学的指示、搬送先選定困難時のコーディネートなどを行います。

災害医療

災害拠点病院としての災害対応体制の整備、スタッフの教育などを行います。DMATとして災害現場への医療チーム派遣の準備もしています。

救急医学教育

診療を通しての指導のみならず、時間外にも各種勉強会を開催し、研修医への救急医療教育の中心的役割を担っています。

救急外来の診療システムについて

初期診療は救急救命科のスタッフと交代制の当直医で行います。初期診療した上で、緊急に専門医の処置が必要と判断した場合は、初期診療を行いながら、病院近隣に在住している専門医を電話で呼び出すシステムとなっています。

救急外来では時間、設備、スタッフの人数などに限界があるため、すべての患者さんに詳しい検査、専門医の診療を提供することは出来ません(それを行うと待ち時間が膨大になり、救急外来として機能しなくなるだけでなく、日中の診療機能が失われます)。普段専門外来に通院している方も、必ずしも専門医の診療を受けて頂くことは出来ないことを御了承ください。

夜間や休日には他の機能している医療機関がほとんどないため、当院の救急外来に患者さんが集中します。長い待ち時間になることもしばしばありますが、緊急処置の必要な患者さんの待ち時間を短縮するために、看護師や医師によるトリアージ(優先順位付け)を行っています。診察の順番が、必ずしも受け付け順通りにならないことを御了承ください。

生命が脅かされるような重症患者については、救急救命科のスタッフが最初から対応致します。