閉じる

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

20.09.30
  • お知らせ

I. ご来院の方へ

(1)当院では、安全な医療環境をご提供するために、院内感染対策を実施して、感染予防に万全を尽くしております。
当院を受診する場合は、以下の対策にご協力をお願いいたします。

  1. 咳やくしゃみが出る方はマスクを着用して受診してください。
  2. 咳やくしゃみが出る場合は、鼻と口をマスク、ティッシュ、ハンカチ、または袖(肘の部分)で覆ってください。
    (咳エチケット)その際は、周囲の人からなるべく離れてください。
  3. 咳やくしゃみを手でおさえた場合、また、トイレを利用したあとは、石けんと流水で15 秒程度、手を丁寧に洗ってください。

(2) 面会制限のお知らせ

感染防止のため、面会(お見舞い)はできません

  • 入院生活を支援するご家族等にはご記名のうえ、「入室許可証」を発行します 。
  • 入室許可証をお持ちの方以外は、病棟デイルームにも入れません 。

II. 新型コロナウイルス感染症の診療について

  1. 当院は第二種感染症指定医療機関です。行政からの依頼を受けて新型コロナウイルス感染症の患者さんの受け入れを行う場合があります。
  2. 新型コロナウイルス感染症患者さんの診療は、一般診療とは分離して行っていますので、一般患者さんと接することはほとんどありません。
  3. 当院で患者さんを受け入れる場合には、日本環境感染学会が推奨する対策を講じています。

日本環境感染学会 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

III. 新型コロナウイルス感染症疑い患者さんの診療とPCR検査について

  1. 新型コロナウイルス感染症を心配して一般外来・救急外来受診を希望される方は、まずは帰国者・接触者相談センターへのご連絡をお願いします。
  2. 当院ではセンターから紹介された患者さんを中心に診療していますので、センターの指示に従うようにお願いいたします。
  3. センターに受診を指示された場合に、予定より早く受診を希望したり、症状に変化が生じた場合も、緊急時以外は必ず、帰国者・接触者相談センターに連絡をして指示に従うようお願いいたします。
  4. 現在、当院では保健所の指示及び医師が必要と判断した場合のみPCR検査を行っております。

IV. 当院では新型コロナウイルス感染症の陰性証明書は発行しておりません

  1. PCR検査の感度は50~70%と低く、陰性でも感染していない証明にはならないため、感染していない事を証明するためにPCR検査を行う意義は乏しいとされています。従って、感染していない事や陰性を証明する書類を発行する事はできませんので、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
  2. 新型コロナウイルスに感染し、回復された方が、職場復帰されるに際しての陰性証明書や治癒証明書も同様に発行しておりません。
  3. 「日本渡航医学会 産業保健委員会」「日本産業衛生学会海外勤務健康管理研究会」において「復帰する社員が医療機関に、陰性証明書や治癒証明書の発行を求めたり、会社が復帰する社員に陰性証明書や治癒証明書の提出を指示するなど、診療に過剰な負担がかかる要求は行わないこと」と声明を公表しております(2020年4月20日)。
  4. 職場から陰性証明書や治癒証明書の提示を求められた場合は直接、帰国者・接触者相談センターあるいは最寄りの保健所にお問い合わせいただくようお願いいたします。

V. 感染拡大が懸念される中での当院の方針

  1. 当院では、今後も院内感染の予防に努めてまいりますが、流行拡大に伴い、当院職員が今後、市中も含めて感染する可能性は否定できません。万一職員の感染が判明した場合は、ガイドラインに沿って濃厚接触者の就業停止や環境の消毒等の適切な措置を実施し、院内感染の発生予防に努めます。
  2. 当院は地域の基幹病院としての役割を担っております。医療の提供を中断することに伴う地域医療に対する影響は計り知れません。
    今後、職員の感染が判明した場合でも、発生する新型コロナウイルス感染症患者さんの受け入れの必要性を考慮し、基本的には十分な措置を講じたうえで、外来および入院診療は継続する方針としています。
    しかし、保健所等の行政とも相談しながら、その指示に従い方針を決めていきたいと考えています。

Ⅵ. 「新型コロナウイルス感染症にかかったかも」と思ったら「帰国者・接触者相談センター」へ

  • 「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
  • 同センターでは、相談内容から同感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」への受診調整を行っております。
  • 新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談を行いたい場合は都道府県等が開設している「新型コロナウイルス一般電話相談窓口」へお問い合わせ下さい。
  • 新型コロナウイルス感染症にかかったかもと思った際に、緊急の場合を除いて、医療機関への受診を、連絡無く、直接行うことは控えるようにしてください。

健康福祉センター(保健所)の帰国者・接触者センターの受付時間は、平日、午前9時から午後5時です。

電 話 FAX
八日市場地域保健センター 0479-72-1281 0479-73-3709
海匝健康福祉センター 0479-22-0206 0479-24-9682
香取健康福祉センター 0478-52-9161 0478-54-5407

厚生労働省 電話相談窓口 電話0120-565653
千葉県 「新型コロナウイルス一般電話相談窓口」 電話0570-200-613(対応時間)24時間(土日・祝日を含む)

Ⅶ. 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う電話による再診について

当院での診察は原則として対面による診察を行っていますが、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う臨時的な措置として、電話による再診にも対応しています。ただし、初診患者さんや定期受診されていない患者さん、医師が受診を必要と判断した患者さんについては電話による再診には対応しておりませんので予めご了承ください。電話による再診については各科外来までご相談ください。なお、電話による再診は臨時的な措置ですので、臨時措置終了後は従来通りの対面診察となります。また、病状が安定していてお薬のみの患者さんについては近医への紹介を行っています。

 病院長