放射線科

MRI室について

MRI(Magnetic Resonance Imaging)とは、強力な磁場の中に人体を入れ、特定の周波数を持つ電磁波を与える事で、人体が持つ水素原子の原子核に対し核磁気共鳴(NMR:NuclearMagnetic Resonance)現象を引き起こし、その原子核が持つエネルギーを画像化したものです。

磁気を使用し撮影を行うので、被ばくによるリスクはありませんが、ペースメーカーや磁性体による危険性、騒音、長い検査時間、閉所による圧迫感など患者様に対する負担を考慮し診断に有効な検査を行っています。

MRIの適応範囲は頭頚部、体幹部、脊椎・脊髄、整形領域、心臓領域、乳房領域と多岐に渡り、主に軟部組織に対して優れた描出能を持ちます。血管障害や炎症、腫瘍などの存在診断や広がり診断を行う上で非常に有効な検査と言えます。



当院の装置

3TMRI:SIEMENS MagnetomVerio VB19 1台
1.5TMRI:SIEMENS MagnetomAvanto VB19 2台

ページトップへ