小児科 心理・言語

基本理念

こどもとその家族の多様性を尊重し、適切な支援を行うことにより、地域に暮らす親子を支えます。

スタッフ

部署長

言語聴覚士 宇井 円

臨床心理士

常勤 2名、非常勤 1名
 お子さんの発達や得意不得意を知り、どうすればご本人やご家族が生活しやすくなるのか、心理面でのサポートについて、ご家族とともに考えていきます。必要に応じて、検査、個別支援、面接等を行っています。

言語聴覚士

常勤 3名
 発達に合わせて、コミュニケーションをより豊かなものにするために、必要に応じて、検査、指導、助言などを行っています。

内容

  • 発達状況の評価(発達検査・知能検査・言語検査等)
  • 発達の状況に合わせたかかわり方や遊びの提案
  • 子育てに関する相談
  • コミュニケーションの指導、助言
  • 社会的スキルの指導
  • 学習面でのつまづきに関する助言
  • 気持ちや行動面への支援や相談
  • ことばの指導、助言
  • 発音の指導、助言
  • 他機関連携
  • 外部支援(健診・児童発達支援事業所・学校等)

受診の流れ

まず、かかりつけ医を受診いただき、ご希望をお伝えください。
受診の流れは以下をご覧ください。

ページトップへ