中央検査科

検体検査部門

中央採血室

本館2階のエスカレーター奥側に位置し、小児科を除く各科外来患者1日約600名の採血及び採尿を検査技師6〜8名(午後は2〜3名)でおこなっています。2台の自動採血管準備システムBC-ROBOを設置して故障時にも迅速に対応し、患者さんをお待たせしないよう心掛けています。また、採血台情報端末(アシスト)を利用し患者情報の共有を図りサービス向上に努めています。

生化学検査

生化学検査は診療前検査に対応するために、汎用自動分析装置TBA2000FR(3台)と血糖を測定する専用機GA08UとHbA1cの測定器HLC-723G8(2台)を導入しています。迅速・精確・高品質の値を臨床に提供しています。毎日の精度管理をはじめ、試薬メーカ−サーベィや日本医師会サーベィをはじめとする外部精度管理に参加し、優秀な成績を収めています。その他浸透圧やICG・アプト試験、深在性真菌感染症のスクリーニング検査にも、迅速な対応をしています。

腫瘍関連検査・内分泌学的検査・心筋マーカー検査・感染症関連検査・薬物検査等の項目を実施しています。導入機器として、全自動化学発光免疫測定装置ARCHITECTi4000SR/1000SR(測定時間約30分)、全自動エンザイムイムノアッセイ装置AIA600U/AIA2000(測定時間約20分)、自己免疫関連検査・血漿蛋白検査の分野では全自動免疫血清検査システムLPIA−NV7(測定時間約10分)、特殊な薬物分野ではビトロス350(測定時間約10分)を使用して業務を行っています。薬物検査業務を担っているため、薬剤部TDM科と連携して血中薬物濃度を測定し、診療に貢献しています。

免疫血清検査

自己免疫関連検査(抗dsDNA抗体など)、アレルギーの原因として考えられるカビ・ダニ・食物・花粉などの抗原(アレルゲン)に対する特異的IgE抗体の有無について調べるアレルギー検査、HIV感染確認のためのウエスタンブロット法による抗体検査、遺伝子増幅検査、細胞表面マーカーの測定などをおこなっています。

他にも、産婦人科のAIH(配偶者間人工授精)や体外受精の支援、RNAやDNAの抽出・検出、フローサイトメーターを用いての表面マーカーやサイトカインの測定などにより臨床研究を支援しています。

血液検査

血液検査室ではヘモグロビンの低下で貧血を、白血球の増加で炎症の程度を検査しています。熱が出たり、お腹が痛いときなどまず病院にきて最初にする検査です。また白血病は血液を顕微鏡でみて異常細胞を発見して初めて診断できます。また血の止まりにくさや血栓症の薬(ワーファリン)の調節のための検査もしています。

一般検査

一般検査は2階採血室の隣の外来検査室で行っています。隣接するトイレには尿提出窓口を設置し、トイレの外に出ることなく直接検査室に提出できるようになっています。一般検査は主に尿の定性検査(タンパク質、糖、潜血、白血球など)、尿の有形成分(赤血球、白血球、円柱、細菌、結晶など)を自動分析装置と顕微鏡で検査しています。その他に、糞便(潜血、寄生虫検査など)、髄液、穿刺液、関節液、精液などの検査を行っています。

細菌検査

細菌というと「汚い」・「危険」などといったイメージをされがちですが、生活環境の中にはたくさんの細菌が生息しています。私たちの体の中にももちろん無数の常在菌と呼ばれる細菌が生息し、外部から病原性を持った細菌が侵入・定着するのを防いでいます。

熱が出たり、下痢をしたり、膿んでしまったりするのは、外から有害な細菌が侵入してきたり、常在菌のバランスが崩れ、病原性を持った菌が急に増加することによって引き起こされます。細菌検査室では患者さんの検体から感染症を起こしている細菌を検索し、検出された細菌に対してどの様な抗生物質が効くのか感受性検査を実施します。当院は救命救急センターを併設しており一次〜三次までの救命救急患者に対して24時間体制で診療にあたっており、随時臨床材料を受付けて検査を実施し、劇症型A群レンサ球菌(ヒト喰いバクテリア)感染症の早期発見治療に大きく貢献しました。

輸血検査

当院は一次〜三次救急対応の救命救急センターをもつ病院である為、24時間体制で輸血検査業務を行っています。輸血を必要とする患者さんの血液型や不規則抗体検査、交差適合試験のほか、輸血に伴う副作用検査や新生児溶血性疾患の検査、直接および間接クームス試験等にも対応しており、夜勤者が解決困難な場合は輸血専任技師、医師が待機体制で問題解決に対応しています。

血液製剤や自己血の保存管理、患者さんへ輸血された製剤履歴等の管理も輸血検査室で管理し、安全な輸血に取り組んでいます。

ページトップへ