かかりつけ医制度の提案について

かかりつけ医制度の提案について

当院では高度な検査・治療機器を活用して専門的なチーム医療を患者様に提供し、かかりつけ医と当院の専門医師が、患者様の情報を共有することにより、いつでも安心して受診していただける体制を整えております。病院で診断と初期治療を終えて症状の安定した患者様に適切な診療情報を提供した上で、かかりつけ医に紹介し、症状に変化があった場合、患者様はかかりつけ医からの紹介状を持って、当院に受診して頂くという共同での診療を行います。かかりつけ医と協力体制のもと、それぞれの診療分担を明確にして、患者様の健康管理を地域全体で行い、安心して受診していただけるような病院をめざし、かかりつけ医との連携を推進しています。

かかりつけ医とは患者様の自宅の近くにあって健康の不安を感じたときに気軽に相談できるため、自分の病状や病歴だけでなく、家族などの健康状態も把握し診療を行う医師のことです。

かかりつけ医の役割は日常生活に密着した診療を行い、患者様の健康状態を把握し、症状により重症な患者様や高度な検査・治療が必要になった場合は紹介状(診療情報提供書)を作成して専門の医療機関へご紹介します。
(症状が安定した患者様は、引き続きかかりつけ医の医師が診療を引き継ぎます。)

かかりつけ医をもつと病院に比べて患者が集中せず、待ち時間が比較的に短いことがメリットです。風邪や腸炎など治療をすればすぐに治る病気でかかると、受診後、早めに帰宅できます。生活習慣病など比較的に安定した症状の患者様の診療・管理を行うので日常生活の相談などがしやすく、症状に変化があったときは、適切な指示で医療機関を紹介してくれるといった良いことがあります。

かかりつけ医を選ぶポイントは:

  • 身近にいて、よく話を聞いてくれる
  • 相談がしやすくて、相性の合う医師を選ぶ
  • 定期的に通院をした場合に、通いやすい事(交通手段・通院手)も選ぶポイントにして探した方がよいでしょう
  • 患者を抱え込まず、専門医に紹介してくれる医師を選ぶ

かかりつけ医を選ぶポイントはたくさんありますが
自分にあった医師を選ぶとよいでしょう