緩和ケア科 緩和ケア病棟Q&A

緩和ケア病棟 Q&A

緩和ケア病棟についてよく頂くご質問にお答えします。

Q1.緩和ケア病棟ではどのような治療が受けられますか?

医師・看護師をはじめ様々な専門職(薬剤師、栄養士、歯科衛生士、理学療法士、ソーシャルワーカー)がチームで診療に関わり、がんの進行に伴う心身の辛い症状を緩和する治療やケアを積極的に行います。症状緩和治療に専念し、心臓マッサージ、人工呼吸器などの積極的な延命治療は行いません。

緩和ケア病棟では、出来るだけ多くの患者様に利用していただくため、入院により症状が緩和されましたら、外来・地域の医療機関と連携し、ご自宅で過ごせるようサポートさせていただきます。

Q2.どのような方が対象になりますか?

がんの根治を目指すことが困難になった方で、ご家族も含め病名や病状を理解され、当科での治療を希望された方を対象とさせていただきます。

また、がんの治療中であっても、疼痛コントロールなどを目的とした一時的な入院も、ご相談に応じて検討させていただきます。

Q3.緩和ケア病棟への入院はどのようにすればよいですか?

まず、緩和ケア外来(毎週月・水曜日、予約制)を受診していただきます。
そこで、緩和ケア医師が現在の病状を診察し、当病棟への入院が必要と判断した場合は、当科における治療・ケアについてお話いたします。

その後当病棟での入棟審査会議で病状などについて検討し、当病棟への入院が必要となった場合、順番で入院のご連絡をします。

一般的な入院待ちの日数は、審査から2週間程度です。
当病棟への入院までの間に病状が変化したと感じられた場合は、申し込みをした外来の主治医にご相談して頂くか、救急外来に受診して下さい。その時、入院の必要があれば一般病棟へ入院し、当病棟が空き次第一般病棟から移って頂きます。

Q4.費用はどの位かかりますか?

1日あたりの入院費は、定額で、健康保険が適応され、患者様の収入額によって自己負担金が変わります。

自己負担額の例:
『限度額認定証』を提示された場合70歳未満

  • 1カ月 約16万円(区分A)+保険給付外費用(食事代 部屋代 病衣貸与代)
  • 1カ月 約9万円(区分B)+保険給付外費用(食事代 部屋代 病衣貸与代)
  • 1カ月 約3万5千円(区分C)+保険給付外費用(食事代 部屋代 病衣貸与代)

70歳以上(1割から2割負担の方)
1カ月自己負担金額(上限4万4,400円)+保険給付外費用(食事代、部屋代、病衣貸与代)

Q5.入院中家族と過ごすことは出来ますか?

緩和ケア病棟は、全室個室で、ご家族は24時間面会が可能です。

ご家族がお泊りいただけるように、各部屋にソファーベッドを用意しています。
家族専用の共有控室もあります。

ご希望により、外出・外泊も出来るようにお手伝いさせていただきます。

Q6.退院後の再入院への対応はどのようになっていますか?

症状が緩和し外来通院となった方、または在宅診療を受けている方で、再入院が必要となった場合は、再入院する事が出来ます。再手続きは不要です。外来主治医または訪問看護師にお申し出ください。

但し、緩和ケア病棟が満床の場合は、一時的に一般病棟へ入院となります。

Q7.家族は24時間付き添っていないといけませんか?

当病棟は、ご家族との時間を大切にして頂く場所なので付添を奨励していますが、ご家族の都合により24時間付き添う事が不可能な場合もございます。そのような場合は、ご相談下さい。

Q8.緩和ケア病棟では検査や治療は一切行われないのでしょうか?

病状の変化に伴い必要と思われる検査や治療は、患者様ご家族と相談の上行われます。症状緩和のためには積極的に行います。

Q9.医師・看護師の体制はとうなっていますか?

緩和ケア科医師が各科の担当医と一緒に診ていきます。

看護師は、二交代制で24時間体制でケアにあたります。