横断活動委員会・チーム紹介

 TQMセンターでは院内で横断的に活動を行っている委員会・チームの活動を支援しています。

NST(栄養サポートチーム)

 入院中に栄養障害がある患者さんに医師(歯科医)とコメディカルの看護師、薬剤師、検査技師、管理栄養士、言語聴覚士、歯科衛生士が多職種で栄養をサポートしています。
 栄養障害は体の抵抗力が落ち、感染症、床ずれ、飲み込む機能の低下を起こし病気の回復を遅らせる原因になります。患者さんの病室に伺い、病状、薬、検査データーなどを基に食種(栄養)や輸液を検討し、栄養改善につなげ、早く退院できるよう活動を行っています。

クリニカルパス委員会

 クリニカルパスとは、患者さんに必要な治療・検査やケアなどをタテ軸に、時間軸(日付)をヨコ軸に取って作った、診療スケジュール表のことです。
 従来、患者さんに対して行われる医療は、同じ病院でも、担当医師の経験や判断によって違う方針がとられることがありましたが、当院では医師・看護師をはじめとしたたくさんの医療スタッフが、たくさんの時間を費やして、質の高い医療を追求し、標準化したクリニカルパスを作りあげています。また、現在では地域の医療連携推進のためにも役立てています。
 治療内容とタイムスケジュールを明確にすることで、患者さんは、その日どんな検査があり、いつ手術をして、いつ頃には退院出来るかということがわかるので、入院生活の不安を少しでも解消できることにつながります。
 クリニカルパス委員会では、医療の透明化・患者参加型医療を目指し、チームとして医療サービスをスムーズに提供できるようにクリニカルパスの活用を推進していきます。

参考:日本クリニカルパス学会

フットケアチーム

 足の病変が増える現状を受け、「1本でも多くの足を救肢し切断に至らないように」または「切断が余儀なくされてしまったとしても出来るだけ最小限の切断にとどめたい」を目標に活動しています。メンバーは医師5名(血管外科、循環器内科、形成外科、皮膚科 、人工透析科)と、看護師6名、理学療法士1名で活動しています。
 主な活動は、毎月の会議で事例共有、タイムリーな横断的連携、院内研修等です。

緩和ケアチームとは

 がん患者さんとその家族に対し、痛みや不安などの苦痛に焦点を当て、がんに伴う辛さを緩和しながら、安心して治療が受けられるように、医師、看護師、ソーシャルワーカーなど多職種で支援しています。
 活動としては病棟回診や、がん相談窓口、また、緩和ケア勉強会や講演会を開催し、教育普及活動も行なっています。

褥瘡対策委員会

 褥瘡発生の予防や治療の取り組みを中心に活動しています。委員会では、目標を、褥瘡発生率の低下と褥瘡治癒率の上昇とし、形成外科医師を中心に看護師、薬剤師、事務、栄養士、理学療法士で褥瘡に関する様々なことを共有しています。また、褥瘡が発生してしまった場合、もしくは院外から持ち込みがあった場合には、病棟からの依頼を受け、上記のメンバーで回診を行なっています。