「ダヴィンチ」について

ダヴィンチ サージカルシステム(内視鏡下手術支援ロボット)とは

「ダヴィンチ」は、手術部位の3D画像を見ながら医師が4本のロボットアームを操作して執刀するものです。

「ダヴィンチ」は従来の腹腔鏡手術に比べ人間の手の動きを正確に再現するのでより精緻な手術が可能であることや、システム独自の機能により手ぶれが無いなどの利点があります。
また、開腹手術に比べ出血量が少なく手術創も小さいため、術後疼痛の軽減による入院期間の短縮と早期の社会復帰のメリットがあります。

「ダヴィンチ」は3つの機械で構成されます。

操作部(サージョンコンソール)
医師がロボット部分の鉗子を操作する機械です。拡大された高解像度3次元立体画像を見ながら両手で操作をします。
ロボット部分(ペイシェントカート)
医師の手の動きを正確かつ繊細に再現して、手術を行う部分です。鉗子には人間の様に関節があり、手のような動きを再現できます。
助手用モニター(ビジョンカート)
操作している医師以外のスタッフは、このモニターを見ながら手術をサポートします。

 ロボットアームが術者(医師)の手の動きを再現し、内視鏡下での手術を支援します。
 患者さんの全身管理は麻酔科医が担当し、鉗子の状態などの状況はスタッフが把握して術者に伝達します

 当院の「ダヴィンチ」手術は、鉗子を遠隔操作する医師が1名、患者さんのそばで手術の補助をし、状況を把握・監視する医師1〜2名のほか、機械出しをする看護師と麻酔科の医師、機器の管理をする臨床工学技士が担当します。助手の医師は、鉗子の取り替え作業も行います。
 「ダヴィンチ」の執刀医は特別な訓練を受けてライセンスを取得しなければなりません。当院の泌尿器科では現在6名の医師がライセンスを取得しています。