スクールライフ

~本校は、開校50周年です~ ⑤創立50周年記念式典

 *平成26年11月22日(土)に創立50周年記念式典が行われました*

   
 ~創立50周年記念式典 式辞~
   本校は「病院を支える優秀な看護職を自前で育てる」という初代病院長・諸橋芳夫先生の
  強い意志で1964年に設立され本年で50周年を迎えることが出来ました。
  この間2115名の卒業生を輩出して、千葉県は勿論日本全国で活躍しています。これも偏に
  市、県、国、更には同窓生の皆さんから頂いた物心両面のご支援によるものと深く感謝申し
  上げる次第です。この50年間の看護師養成課程の変容は目を見張るものがあり、特に1990年代から
  看護大学(看護学部)の設立が相次ぎ、看護師養成課程の大学化に拍車がかかって現在もなお進行中
  であります。少子化社会の中、当校ではオープンキャンパス開催や教員が関東地方はもとより
  東北地方の高等学校を巡り、実習病院である旭中央病院と奨学制度等を紹介して当校進学の有利性を
  アピールしてそれなりの成果を上げています。当校の強みは何と言っても優秀な教員、講師陣による
  講義と旭中央病院の優れた実習環境での徹底した臨床教育であります。
   当校は母体病院の看護師需要に応じて2008年から1学年定員を40人から60人に増やして
  当地域の医療需要に貢献して参りました。近隣病院では大学等への奨学金負担によって
  看護師確保を図る傾向が顕著になっていますが、やはり病院文化をよく理解した当校出身の
  看護師が集い、他の大学・学校から来た看護師とともに切磋琢磨して看護レベルを向上させる
  環境は旭中央病院の活力に欠かせないものと思います。
   さて、当校が設立された1964年は東京オリンピックが開かれた年でした。若年人口が多く
  高度成長期の入口、わが国が最も元気な時代であった訳ですが、50年の歳月が経った今、
  少子高齢の変化にパラダイムシフトすることになります。50年前は想像もしなかった
  65歳以上人口が30%目前です。50年の歴史を紡いできた当校が次の50年に残す歴史は何だろう
  と考えます。医療・介護・福祉の連携に通暁した看護師の養成こそが時代に求められています。
  したがって、当校の教育方針は高いヒューマニズムと生涯学習に裏打ちされた看護を実践する
  能力ある学生教育であると言えます。創立50周年の機会に、先人たちの築いてきた名誉ある
  歴史をさらに高めるべく、教員一同当校の発展に一層の努力を傾けて参る所存です。
  ご臨席の皆様の益々のご健勝を祈念するとともに、今後も引き続き当校に対して深い愛情と
  ご理解・ご協力をお願いして創立50周年の式辞とします。
                                                 2014年11月22日
                                         旭中央病院附属看護専門学校
                                              学校長 伊良部 徳次
 ~式典プログラム~
   1.開式の辞 2.国歌斉唱 3.学校長式辞 4.同窓会記念品贈呈 5.事業管理者祝辞
    6.病院長祝辞 7.来賓祝辞 8.教育功労者表彰 9.特別功労者表彰 10.校歌斉唱
   11.閉式の辞


✿受  付✿  
 アルバム・開校当時の写真、千葉県下看護学生体育大会で使用した
 歴代のユニフォーム等を並べました  
 souritu1.JPG souritu2.JPG

✿式  典✿
 3.学校長式辞と10.校歌斉唱に参加した学生の様子です
 souritu3.JPG souritu4.JPG


         


 

             

続きを読む[ 2014年12月08日 UPDATE ]
地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院 旭中央病院附属看護専門学校
0479-63-8111
受付時間 8:30~17:00 休み(土、日、祝)
〒289-2511 千葉県旭市イの1182番地

お問い合せフォーム


附属看護専門学校メニュー


制作・著作

©2009 Asahi Hospital. All Rights Reserved. WebSitePlan Produced by bit SEODESIGN