1. ホーム
  2. 行事のお知らせ・院内日誌
  3. 院内日誌
  4. 2012年10月23日 第33 回全国障害者技能競技大会で当院歯科技工士が金賞受賞

院内日誌

2012年10月23日 第33 回全国障害者技能競技大会で当院歯科技工士が金賞受賞

10月19日から22日に長野市で開催された第33回全国障害者技能競技大会で、第23回より採用されている歯科技工競技に当院の歯科技工士で聴覚に障害を持つ村上祐太郎歯科技工士が出場し、金賞を受賞しました。

この競技大会は、昭和47年からほぼ毎年開催されている通称『アビリンピック』(ABILITY= 能力・OLIMPIC= オリンピックを合わせた造語)といわれる大会です。今年は、23種目304名の選手が出場し、その技を競いました。
歯科技工競技には、障害者歯科技工士8名(聴覚障害7名、肢体不自由障害1名)が参加しました。各競技毎に金賞、銀賞、銅賞、努力賞が授与されます。金賞は競技によっては該当がない場合もあり、今回は3種目で該当がありませんでした。
千葉県選手団は8名で、機械CAD、パソコン組立などの競技に参加しました。この中で、金賞を受賞したのは村上技工士1名でした。

(広報室)

2012.12.27公開