1. ホーム
  2. 行事のお知らせ・院内日誌
  3. 院内日誌
  4. 2013年11月9日~10日 第15回フォーラム「医療の改善活動」全国大会に参加

院内日誌

2013年11月9日~10日 第15回フォーラム「医療の改善活動」全国大会に参加

大阪市立大学医学部で行われた、第15回フォーラム「医療の改善活動全国大会」に看護部と臨床栄養科が参加し、臨床栄養科は、「優秀賞」をいただきました。

臨床栄養科の発表は、2012年院内QC活動発表内容「らいすマンパワーが奇跡をおこす~主食後付け間違いゼロを目指して~」を発表しました。
内容は、新棟オープン後に生じた作業ミス、必要な調整箇所などから患者様に影響度が高い、「主食間違いを防ぐ、誤配膳改善」を目的とし、科内一丸となって、たくさんのアイディアを出した取り組み、通常業務化を目指したものです。
この発表で「優秀賞」を頂きました。

看護部の発表は、「プライバシー保護を考えた療養環境改善への取り組み~ウロバッグカバー装着の標準化~」をテーマに患者サービスの向上に繋げるよう展開したQC活動です。プライバシー保護の呼びかけやウロバッグカバーの改良を重ね、3年かけて目標を達成した事例です

(広報室)

2013.11.11公開