1. ホーム
  2. 行事のお知らせ・院内日誌
  3. 院内日誌
  4. 2012年12月7日、8日 第13回クリニカルパス学会で当院からは多数の発表者

院内日誌

2012年12月7日、8日 第13回クリニカルパス学会で当院からは多数の発表者

岡山県岡山市で開催された第13回クリニカルパス学会に、当院から一般演題12題共同企画1題、特別セミナー参加1名と、今迄で最多の発表をしました。

当院のクリニカルパス委員会副委員長は、7 日朝から当院のポスターセッション9演題の確認をし、発表も聞いて回ったそうです。「発表者は落ち着いて実力を発揮した発表をした」と、満足していました。

発表が終わり、懇親会となりました。

懇親会の席上では、ポスターへの演題登録から事前審査でノミネートされた入選22演題が発表され、当日審査で最優秀賞1名と優秀賞6名が選ばれ表彰されました。
当院からは、4演題が入選しました。その中から優秀賞に江ヶ崎看護師が選ばれました。そして、ドラムロールの華やいだ雰囲気の中、最優秀賞1名として、クリニカルパス委員会として発表した佐久間検査技師の名が高らかにコールされました。
会場の皆様から祝福をいただき、受賞者は感極まり、当院の仲間達は興奮が冷めやらなかったそうです。

クリニカルパス委員会は、「今回の学会は、優秀賞、優秀賞も大事な成果ですが、12 演題発表できたこと、その土台の委員会がみんなで頑張れたことが本当の成果です」と、これかも躍進する事を誓っていました。

(広報室)

2012.12.10公開