1. ホーム
  2. 地域医療支援センター

地域医療支援センター

地域医療支援センターと当院の教育・研修体制

地域医療支援センター開設の経緯

国は、崩壊の危機に直面している地域医療の再生を図るため、平成21年に各都道府県に対し、「地域の医療課題の解決に向けた医療圏単位での医療機能の強化、医師確保への取組」を呼びかけ、「地域医療再生臨時特例交付金」の交付を決定しました。
千葉県は、この特例交付金を活用して、香取海匝保健医療圏と山武長生夷隅保健医療圏の2か所の地域医療再生計画を策定し、国に採択されました。

香取海匝地域における医療再生計画では、全県的な医師確保体制を整備する中で、各自治体病院の役割分担、機能再編、ネットワーク化の推進をめざし、急性期医療の拠点機能や地域連携病院等の支援機能の強化、地域医療支援病床の確保が進められるとともに、地域医療の研究や医師の研修・派遣、病院経営の安定化支援をめざして、拠点病院である旭中央病院に「地域医療支援センター」が開設されることになりました。

地域医療支援センターの役割(4つの設置)

地域医療支援センターは、医師・看護師等、医療を担う人材を育成・確保することを通じて、近隣病院への医師派遣、地域医療連携、臨床研究支援、教育支援を行います。
目的実現のためには魅力的な研修・研究システムの構築が必須であることから、当センター内に:①地域医療連携ユニット ②診療支援タスクフォース ③臨床研究支援ユニット ④教育ユニット の4つを設置いたしました。各ユニットは、主に下記の役割を担います。

地域医療支援センターの役割(4つの設置)